2015年03月29日

WE MP5SD GBB ストリッピングと擦り合わせ

こんにちは。つきなみです。

外装を色々いじったWE製MP5SD GBB、今回から内部の調整に着手します。
まずフィールドストリッピングのついでにメンテナンスと各部のすり合わせを行います。



まずは通常分解。
ストック基部のピンを抜くとレシーバー後方のカバーがストックごと外れリコイルスプリングとそのガイド、ボルトを取り出すことができます。
この光景はガスブロならでは。



次にトリガー前方のピンを抜くとロアレシーバーごとトリガーユニットを取り外すことができます。
ここまでが通常分解です。



ハンマーをみてドン引き。

まだ大して撃ってもいないのに見ての通りボルトと接触する部分がすでに擦れてボコボコになっています。
亜鉛製のパーツによせばいいのにわざわざ例のウェイテックペイントで塗装されているのでただでさえ表面はザラザラ。
これでは作動時に抵抗になる可能性が有ります。



200→400→1000→2000番の紙やすりで塗装を落とし、表面をピカピカにしました。
スチール製のエジェクターレバーも同様に処理。



ついでに亜鉛製ボルトもあたりの出ている部分をヤスリで磨きました。



グリスアップにはSuper Lube Multi-Purpose Greaseを用います。
シリコングリスなのでチャンバーなどのプラパーツやゴムパッキンへの腐食性がなく安心して使用できます。無色透明でサラサラとした手触り。
元々ボルトやレシーバー内部が大量のグリスでグリスでぐちょぐちょだったため、拭き取って適量散布します。



元に戻して試射。若干作動が良くなってサイクル上がった…かな?
チャージングハンドルを引いた感じは抵抗が少なくなり引っかかり感が緩和されたように思います。

ただ、ハンマーもボルトも亜鉛製なので柔らかく、使っているうちにまた磨きが必要になるかも。
根本的な解決にはならないのでスチール製のアフターパーツの発売が待たれます。
特にボルトはVFCのようなリアルな外観のものをRA-TECHあたりが出してくれると良いですね。




Posted by つきなみ at 02:23│Comments(0)GUNMP5SD6
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。