2014年02月20日

OAKLEY GASCAN 12-856

こんばんは、つきなみです。

サバイバルゲームをするには銃と同列で必需品であるアイウェア。
過去にはマルイのシューティンググラスから始まってESSやWiley-X、OAKLEYのGASCANなどを使用していましたが、
今回、思う所あってGASCANを買い替えました。



このGASCAN 12-826、ハッキリ言って今までのどれよりも気に入っています!!



まず1つめのお気に入りポイントはこのつや消しブラックのフレーム。
以前使っていた03-471(左)はこの部分がポリッシュドでした。

スポーツ用品メーカーから出ている軍用のアイウェアはフレームがつや消し処理されてある場合が多いです。
まぁ、このへんは好みの問題でもありますけれどね。



フレームのオークリーロゴバッジはSIシリーズのような星条旗ではありません。これも装備が英軍寄りな私に取っては希望通りだったり。
鈍い銀色が格好良いです。



そして今回一番気に入っているのはこのBlack Iridiumカラーの"Polarized"レンズ。
このレンズのために今回GASCANをわざわざ買い換えたんです!(レンズ単体で売られているのをどうしても見付けられなかったので…。)


Polarizeとは極性を与えるとか偏りを持たせるという意味で、Polarized Lensは「偏光レンズ」と訳されています。
光に対して選択透過性を持つような処理を施したレンズです。カメラのPLフィルターと、原理は同じです。

偏光レンズの原理と効果については下記のサイト内にて対照実験写真付きで非常に分かり易く解説されていますのでご興味のある方はご一読くださいませ。
【「普通のレンズ」と「偏光レンズ」の見え方の違い】
http://www.megane-murata1961.com/polarized-lenz.html



通常のスモークレンズ等の色付きレンズは単に明度を減光するのみですが、偏光レンズは物体が放つ乱反射を選択的にシャットアウトします。

道路標識や葉の照り返し、ガラスや水面の映り込みなどを除去し、物体の輪郭を強調するので、クッキリしたコントラストと明瞭な視界を得られます。
また、それに関連して「静止している物体」と「動いている物体」を区別し易くなる、という効果もあります。

この機能のお陰で、ツーリングなら標識看板や歩行者、釣りなら水中の様子や魚の動き、スキーやスノボなら雪の凹凸…
そしてサバイバルゲームでは「濃いブッシュの中に隠れた人物」や「遠方で微かに移動している人物」を発見し易くなる、という効果が得られます。


実際かけてみると分かるんですが、偏光レンズ、本当にすごいです…!



デザインの格好良さだけでなく、機能面もかなり実戦的です。
しかしながら今はもうGASCAN自体が生産停止?廃盤?になっているようで、在庫があるうちに希望通りの物が手に入って良かった…。
一生物になりそうなので、大事に使って行こうと思います。


…余談というか蛇足ですが、
ゲームに行くのに早朝に都内から千葉方面へ向かう際、レインボーブリッジを通るあたりでいっつも太陽が眩しくて運転しづらいんですよねw(サバゲーあるある)
今週末は久々にゲームなので、フィールドに向かう道から早速使って行こうと思います。




Posted by つきなみ at 17:22│Comments(0)GEAR
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。