2014年01月30日

G3A4→G3KA4 Swi.2

こんばんは。つきなみです。
今日は前回の G3A4→G3KA4 Swi.1 の続きです。


引き続き、G3A4をG3KA4にするための加工を施していきます。



前回パテを盛ってから1日。しっかり硬化しました。金属棒を骨として用いたため、ガスチューブはガッチガチです。
まずは余分なパテをデザインナイフで取り除いて行きます。



大体大まかに削ぎ取ったら…



120番→400番→800番の紙ヤスリで表面の凹凸を整えます。

これでバレルの加工は終了です。



さてここからはRASを加工して行きます。
バレル同様切断面を出した後にぶった切るんですが、ウチには旋盤なんて(ry なので金ノコd(ryry



ギコギコギコギコギコギコギコギコ…



切断出来ました(大汗
大まかにぶった切った後、何度か仮組しつつ、レシーバーに当たる場所を元々のRAS根元の形状を参考にして切り出しています。



切断面を整えつつエッジ出し。
切断する時よりも、この作業が地味に一番しんどかったっす…(汗



RASのネジ穴が狭い(というかネジの頭を収める為のスペースが無い、というか…文章で言うと難しいのですが)ので、
スペーサーを噛ませてレシーバーに固定します。ちなみにこのスペーサー、ミニ四駆のパーツですww



仮組状態。
ガタなくうまく組めました。


これで全ての加工が終了です。
最後に、加工部に上からマッドブラックを塗り、ウェザリングを施して馴染ませて、組み上げれば終わりです。
これは、すみません、また次回に続きます。恐らく次回でG3記事シリーズは終われるかな?と思っています。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。