2014年01月26日

G3A4 + AN/PEQ-2 REMOTE SWITCH & "PUCHI" CUSTOM

こんばんは。つきなみです。



前回汚し塗装を施したことで大分自分の好きな感じになって来たG3。
なかなかゲームに行けない腹いせに、今回は細かい箇所を色々とカスタムしてみました。



まずは配線。USMC放出品のAN/PEQ-2用リモートスイッチを取り寄せてみました。
この銃に乗せる物としては初めてかつ唯一の実物だったりします。

購入先は沖縄ミリカジさんから。(沖縄ミリカジさんのY!オクアカウントはこちら↓)




裏にはベルクロ付き。



ウェザリング後(実物を塗る事に何の抵抗感も無いという病気)、レプPEQ-2の後方に穴をあけて通しました。
ちょっと長くて余ってしまった配線は、レールの溝を両面テープを使って這わせ、グリッポの根元を一周させたのちTANのスナイパーテープで固定。
本当はモスグーリンの方が良いんですが今ちょうど切らしているので…(汗

セレクターのすぐ前、トリガーの上の大変アクセスし易い場所にスイッチを配置。ただし、押しても何も起こりませんw



ついでにもう一カ所プチカスタム。
ホームセンターで普通のロープを買ってきました。



コッキングレバーが引き易いよう、穴の空いた部分にロープを通します。
結び目をボンドで接着して、少し汚して終了。超お手軽カスタムです。
個人的にもこういうのガチャガチャやるの好きなんですが、レバーがプラ製品なので破損が怖くてあんまりできないという…。
そもそも電動なので、HOPを調整する時以外はコッキングの必要無いんですけれども。やっぱりやりたくなっちゃいますよね。雰囲気です。



コッキングレバーのロープは殆どただの飾りなのでともかくとして、配線が通ったことで銃全体が締まった気がします。
最もPEQはバッテリーケースとして使っていますから、スイッチがあった所でゲーム中何のアドバンテージも無いというのが泣き所です。

ですが、こういう細かいカスタムを施す毎に自分の銃に愛着が湧いて来るんですよね。
段々、職人仕様っぽくなって来ました。良い感じです。

-----------------

と、最近記事を連投しまくりながら駆け足でカスタムして来たG3ですが、だいぶ理想の形になってきました。
実はもう一カ所、大規模に手を加えたい場所がありまして…でも、それはまた追々。
どこかに金属切断グラインダー貸してくれる工作室ないかなー。




この記事へのコメント
凄いなぁ…百戦錬磨のG3って雰囲気でカッコいいですね( ´ ▽ ` )
Posted by すろ at 2014年01月26日 20:00
まさかのL100ですか?。
Posted by 通りすがり at 2014年01月26日 21:38
〉すろさん
はじめまして。ありがとうございます。
今回ご紹介させて頂きました汚し塗装はほんと超ーーー簡単なので、是非挑戦してみて下さい!

〉通りすがりさん
はじめまして。うっ、す…するどい…。
Posted by つきなみつきなみ at 2014年01月29日 22:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。