2014年01月22日

G3A4 FLASH HIDER - STEEL REPAINTING

こんばんは。つきなみです。

前回「次回はG3を短縮化する改修を…」という予告をしましたが、
前々からちょっと気になっている箇所があるので、頼んでいるパーツがやってくるまでの間、先に手をかけてしまいます。



JGのG3、主観ではお値段の割に表面の塗装に関しても割と良い方だと思います。ただとても残念な箇所が。
ハイダーの質感がう○こなんです。

このハイダー、実銃はもちろんスチール製ハイダーですから鈍い銀色なんですよね。
対してこれはボテッとした黒い塗料に浸したみたいな感じ。厚ぼったくて、重たらしい印象です。
遠巻きに見れば殆ど気になりませんが、なんか…うん、なんかカコワルイなー。

当初、さっさと交換しようと考えていたものの、調べてみるとG3用のスチールハイダーって今どこにも売ってないんですよね…。
参ったなぁ…。



こういうの、一度気にするともうずっと気になってしまって仕方が無いので、もういっそ塗っちゃいます。





塗装には、以前から装備や銃のウェザリングに愛用している「HSクリエイティブライフスプレー」を使用します。
安くて大容量。色も豊富で発色良し。そんでもって塗膜も比較的強いです。
以前から自分の殆ど全ての銃や装備のウェザリングをこのスプレーで行っているほどお気に入りのシリーズです。

今回は「マッドブラック」と「スチールグレー」を使って作業します。



ってもう一気に塗っちゃった後です、すみません。
作業時間が仕事から帰ってのみのため、この季節もうとっくに暗い(そして極寒でもある)屋外で私のヘボカメラではうまく写真が撮れませんでした…。

塗り方としては、遠巻きからスチールシルバーを軽ーく吹き付けた後、さらに遠巻きからマッドブラックを薄ーーーく吹き付けるだけです。
夜なので結構カンでやったんですが、大方イメージ通り!求めていた色とほぼ同じに塗れました!!
マクロでは流石に「塗装」っぽい感じですけれども…



組み込んでみると…そうです!これです!!
この鈍い色が欲しかったんですよー、個人的には大成功だと思います!

後々汚し塗装を施すつもりなのでその時に潰れちゃうかもしれませんが、自己満足度高いです。
逆に汚した方が更に良い感じになるかも。
ただそれ以前に、何せ長い銃なので、ハイダーなんかはこうやってせっかく塗ってもゲーム中どこかにぶつけて剥げてしまう恐れが…。



ということで、次回(こそ)はG3を短縮化!…したいな!!

----------------



本当はこの真っ黒のイジェクションポートカバーも同じ色に塗装したかったのですが、
お恥ずかしながらアッパーレシーバーをバラしてポートカバーを取り出す方法がどうしても分からず…。
ホップ調整の際に擦れて剥げてしまって、かえって変になっちゃいそう、というのもあって、現状放置しています…(汗




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。