2014年01月20日

G3A3→G3A4

こんばんは。つきなみです。

JG G3 RASのメカボの洗浄と前出し配線化が終わったので、次は用意しておいたパーツを取り付けて行きます。



まずはリトラクタブルストックを取り付けてA4化します。
TM製の物も無加工で取り付け可能なようですが、本体と合わせてJG製の物を調達しました。

軽そうですが、意外と重量あります。



ストック基部にある2つのピンを抜くだけで簡単に差し替えできました。

それにしても、このストックの肩当て部分、反るなら逆の方向に反って欲しかったところ…。
パッドはゴム製なものの、それでも安定させるには慣れが必要そうです。
正直、固定ストックと比べると構えにくい。

ま、格好良いので正義です!w



こちらはGUARDER製のレプB&Tショートマウント。ウィリーピートさんで購入しました。
CNC削り出しで、表面の質感も大変良いです。指で擦るとシャリシャリとスチール特有の良い音がします。



転がっていた汚し塗装済みのEo-Tech 552を取り付けました。
「ホロサイトが着かない」という話も聞いたのですが、一度ボルトを抜いてからスライドさせるように取り付け、再びボルトを締めることで問題なく固定できました。

GUARDERさん、これのロングVer.を是非お願いします。



RASにAN/PEQ-2型バッテリーケース。
前出しにした配線とラージ→ミニ変換コネクタを介して、ET-1の7.4V2000mAhリポバッテリーを接続して使用します。
RAS内にセパレートバッテリーを仕込むことも可能ですが、レンチでいちいち外すのが面倒なので…。

次回HRの年代設定の影響か、PEQ-2はいま全国的に品薄状態が続いているようです。
VFC製はそれ以前からずっと欠品が続いているので今回購入したのはEagleForce製ですが、以前L119用に購入した同社の物となんか違う気がする…。
ちょっとサイズが大きい気もしますし、訓練時に取り付ける「青いパーツ」も外せない上にそもそも青くないっていう。

ロットの違いでしょうか…ま、とりあえず使えるので良いや…。
見た目もなんだかテカってて超チープな感じが不満ではありますけれども、後から塗っちゃえばマシになると思います。


フォアグリップは銃本体購入時にナイツタイプが付属していましたがグリッポが好きなので交換。
便利な上に太さがあって大変握り易く、良いですよね。



JGのG3はTMコピーなのでTM製のノーマルマガジンがそのまま使えます。
お写真では大変分かりづらいですが、付属の多弾(左)は艶があって黒過ぎな感じなのに対して、TM製ノマグ(右)は少しグレーががっていてマッドな質感です。
太陽光の下などでは違いが分かり易いんですけれども、蛍光灯下での室内撮影のためご容赦を…。

リアカン20発で、L119の30発の頃よりもマグチェンジの機会が増えそうです。ファストリロード練習します。




AN/PEQ-2に多少問題アリ?なものの、色々付いてカッチョ良くなりました。

…が、
RASにごちゃごちゃ取り付けた反面レシーバーは軽量なプラ製、更にストックがリトラクタブルであるせいで、現状「超フロントヘビー」です…。
あと、とにかく長い。長過ぎる。リトラクタブルといっても射撃時は延ばしますし、その状態では固定ストックと全長変わりません。余裕の1m超え(!)です。
私は身体が小さい方なので、このままではゲームに持って行くのはちょっとキツいです。

ということで、次回はG3A4の全長を短くする改修を施したいと思います。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。