2014年01月18日

JG G3 MECHBOX CLEANING & ADJUSTMENT

こんばんは。つきなみです。

JG G3 RAS、マルイ信者だった私が、人生で初めて手にした海外製電動ガン。
無調整の状態で購入したので、何はともあれまずはメカボを明けて洗浄、シム調整と再グリスアップしなければなりません。
これをするのが嫌で今までマルイ一択だったという節は大いにあるんですが…。

というわけで、実は、メカボを開けること自体今回が初めてだったりします(汗
良い機会なので、これも勉強、と思って頑張ります…。



まずはネット上の分解解説などを参考に、メカボックスを取り出しました。

慣れている方にとっては当たり前の事なのかもしれませんが、私に取っては人生初のメカボオープンなので緊張します。
中が大変な事になってたらどうしよう、ってかそれ以前に、開けるとき部品がぶっ飛ばないように…などと色々な覚悟を決めて…オープン!!



…あれ?綺麗じゃない??
ガタガタのギアにプラスチック片の挟まったピストン、エイリアンの消化液みたいな緑色のグリースまみれのメカボックスを想像していたんですが、これは意外と…。
しかもギアはメタル(軸受けはプラ)。うーん、恐るべし。

結局特に洗浄する必要が無さそうなので、シム調整のみ(その言葉の意味自体ロクに知らなかったので方法を調べまくりましたが)行いました。接点グリスも散布!!
ネット上にある先輩方のレクチャーのお陰様で、作業は思っていたよりスムーズに行きました♪
なんか、ミニ四駆みたいで楽しいですね。

---------------

それから、ストック交換を見越して前出し配線に挑戦…

…したのは良いけれど、これが超ー大変で。
G3の前出しは「メカボからは後ろ出し→レシーバの中を迂回してハンドガードへ前出し」のルートを取るんですが、
まずチャンバー周りのごくごくごく僅かな隙間の中をカテーテルのように通さなければならず、更にやっとの思いで通した所で今度は線の長さが足りず。
工具箱から半田小手と熱伸縮チューブを引っ張り出して来て…で、なんとか上手くは行ったものの、
半田小手が久しぶり過ぎて作業に手間取っているうちに写真をすっかり撮り忘れていました。なので、すみません、全て文字で…。

---------------

結局、配線延長して前出し配線化、RAS内でラージ→ミニ変換コネクターを通じて、外部でリポに接続するような形にしています。



使用した配線と半田。「ベルデン8412」と「ケスター44」。どちらもギターやエフェクターの内配線として評価が高いものです。
実はその昔エフェクター自作を趣味にしていたんですが、その時の余りですw そういえば、今は亡き「ラジオ会館」のパーツ街で購入したんだっけ…なつかしいっす。
どちらも電気伝導率が良いので音が太くなる、とかヌケが良くなる、とかなんとか…ま、音響界隈のそういうのってのは半分以上オカルトなんですけれども。
ちなみに、8412の方はこれを分解すると中から細い線が2本出て来るので、それらを配線として使用します。







バラしたついでにバレルのお掃除。
エアガン調整用のシリコンスプレーは、CRCの「シリコン ルブ スプレー」がオススメです。
エアガンメーカーから出ている物と中身は全く同じです。なのに、420ml入って500円でお釣りが来超お徳用。
(というより、エアガンメーカー製が高過ぎるだけですが…)。



自衛隊では銃のメンテとサビ止めに同社の556(所謂「クレ556」)を使っているそうですが、エアガンには禁忌です。
樹脂やゴムパーツが侵され脆くなってしまうためです。揮発性があるのでフルメタ銃でも内部のチャンバーやパッキンなどに悪影響を及ぼします。
その点、シリコンスプレーならそのような侵食性がないため、安心して使えますね!



この作業好きです♪

とはいえ新品なんで掃除というよりこれから使うにあたって軽くシリコンスプレーを散布しておくような感覚d…



…って、汚ッ!!!!!!!!

メカボはあんなに綺麗だったのに!!
一応やっておいて良かったです…この後2回同じ事を繰り返して、やっとガーゼが汚れなくなりました。
もう一度言いますが「新品」です。この辺は、やはり海外製ですね…。



元に戻して試射して終了〜。苦労した前出し配線化もうまくいきました。
見た目は前回と変わっていないものの、分解してメカボ開けるとなんだか一気に愛着が湧きますね。
心無しか分解前よりギア音が静かになった?気もします。たぶん気のせいですが。初速も、やや高い所で安定しています。

どうやら、無事に調整できたようです。よ、良かった…一応、ゲームで安心して使える状態にはなったと思います。
もう当分メカボは開けたくないっす。というか、開けなくて済むように祈ってます…。


次回からは外装をカスタムして行きます。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。