スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年03月29日

WE MP5SD GBB ストリッピングと擦り合わせ

こんにちは。つきなみです。

外装を色々いじったWE製MP5SD GBB、今回から内部の調整に着手します。
まずフィールドストリッピングのついでにメンテナンスと各部のすり合わせを行います。



まずは通常分解。
ストック基部のピンを抜くとレシーバー後方のカバーがストックごと外れリコイルスプリングとそのガイド、ボルトを取り出すことができます。
この光景はガスブロならでは。



次にトリガー前方のピンを抜くとロアレシーバーごとトリガーユニットを取り外すことができます。
ここまでが通常分解です。



ハンマーをみてドン引き。

まだ大して撃ってもいないのに見ての通りボルトと接触する部分がすでに擦れてボコボコになっています。
亜鉛製のパーツによせばいいのにわざわざ例のウェイテックペイントで塗装されているのでただでさえ表面はザラザラ。
これでは作動時に抵抗になる可能性が有ります。



200→400→1000→2000番の紙やすりで塗装を落とし、表面をピカピカにしました。
スチール製のエジェクターレバーも同様に処理。



ついでに亜鉛製ボルトもあたりの出ている部分をヤスリで磨きました。



グリスアップにはSuper Lube Multi-Purpose Greaseを用います。
シリコングリスなのでチャンバーなどのプラパーツやゴムパッキンへの腐食性がなく安心して使用できます。無色透明でサラサラとした手触り。
元々ボルトやレシーバー内部が大量のグリスでグリスでぐちょぐちょだったため、拭き取って適量散布します。



元に戻して試射。若干作動が良くなってサイクル上がった…かな?
チャージングハンドルを引いた感じは抵抗が少なくなり引っかかり感が緩和されたように思います。

ただ、ハンマーもボルトも亜鉛製なので柔らかく、使っているうちにまた磨きが必要になるかも。
根本的な解決にはならないのでスチール製のアフターパーツの発売が待たれます。
特にボルトはVFCのようなリアルな外観のものをRA-TECHあたりが出してくれると良いですね。  

Posted by つきなみ at 02:23Comments(0)GUNMP5SD6

2015年03月15日

WE MP5SD3 GBB

こんにちは。つきなみです。
ブログ放置も気づけば一年…。

最近あたらしい得物を導入したので、久々に記事を書いてみます。



MP5SDです。
ベースはWEのガスブロ。製品名は大人の事情で「Apache SD3」です。(3バーストVer.のロアなので本当はSD6)
2014年12月発売の同社MP5シリーズ最後発。購入店はORGA AIRSOFTさん。

VFCの後発ということで、ライブで稼働する3点バーストや実銃同様に空でシアーが落ちてストップのかかる機構が売りです。
フレームはスチールプレス製で、細部に刻印こそありませんが雰囲気も良いです。



カスタムはM4アンダーレールをホースクランプで括り付けるお馴染みの方法。
レールはD-Boys製の物からヒートシンクをペンチで引き剥がして取り付け、ホースクランプは「50-70」サイズが丁度でした。
ドライバーを使って締め上げるので1本だけでガッチガチに留めることができます。



あまり見ないやり方としてはホースクランプにELEMENT製のレプM600Cを直接噛ませています。
手ごろな短いレールがあれば本来レールを噛ませたいところですがこれはこれでしっかり固定できるのでアリです。
リモートスイッチをG&P製レプタンゴダウンQDショートグリップに輪ゴム留めして、全体を軽くウェザリングしました。



フレームが薄いのであまり重量は感じません。
SDは元々かなりフロントヘビーなんですがフォアグリップを付けると解消されます。
ホールドオープンさせたこの状態はガスブロならでは。
チャージングハンドルをガツンと叩いて初段を装填する動作も醍醐味です。



目玉のひとつの3バースト。GBBでこの機構、WE頑張ってくれました。
強烈なリコイルと共に「タタタンッ」ときっちり3発出てくるのは撃っていても気持ちが良いですね。
実銃同様に最終弾を撃ち終わった際「カチッ」とシアーが空で落ちて弾切れだなと分かる感覚もオープンボルト方式のM4やMP7とは違った魅力だと思います。



残念なのが付属の30連マガジン、亜鉛製のスリット有りです。
まだ大して出し入れもしていないのにもう塗装が剥げてきました。
さらにバナナマガジンといってもどーみてもこれは「反り過ぎ」です。
別売りでスチールプレス外装のスリット無しタイプがリリースされていますので上記2点は解消されていますが形状は同じくバナーナ…。



…と思ったらつい最近のWE公式FBアカウントの投稿でMP5用マガジンをイチから作り直している旨の発表がありました。
なんでもこのマガジンがあまりに不評で世界中のオーナーからクレームが集まっていたようです。
ということで、改善後のNEWバージョンが発売されるまではスペアマガジンを揃えるのを待たなければなりませんが
ユーザーの声を聞いて積極的に改善しようとする姿勢は好印象ですね。



総評としては作りもしっかりしていますしギミックも完璧で非常に優秀なプロダクトだと思います。
刻印こそないもののリアルな外装とクローズドストップ機構、更に3バースト機構まで再現されています。
もちろんガタついたり軋んだりするような箇所も一切なく安心してブンブン振り回せますし、
真冬は厳しいですが20℃もあればHFC-152aでも作動は快調。ゲームでも使えます。
現時点でガスブロMP5の決定版と言えるんじゃないでしょうか。

ネックとしては、まずお値段。現時点では最安値でも本体だいたい5万円、マガジン1本だいたい7千円といったところです。
レシーバー上部と右側の刻印がありません。ハンドガードカバーがゴムコーティングされておらずただのプラスチックな点もマイナスです。
それから前述のマガジン…とこれは改善の兆しがあるのでとりあえず次報を待てといったところです。
期待したいですね。  

Posted by つきなみ at 00:11Comments(0)GUNMP5SD6