スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年04月04日

WE MP5SD GBB + StrikeArms製 WE MP5 GBB用リコイルスプリング

こんにちは。つきなみです。



中華銃にはよく「海外仕様」「国内仕様」とありますがWE製MP5系については内部パーツ含め国内外共に1種類のタイプしかありません。
弾速に関しては元々の銃自体のパワーも高くなく、出荷時の時点でHFC134a/152aガスを用いた場合国内準拠の状態となっている、ということなんですが
やはり作動系はグリーンガスに最適化されています。

例えばコッキングなんかはTM MP7やWA M4なんかと比べるとかなり重めです。
手動でも明らかに重いので、これを毎回HFC134aガスで無理やり引いていると考えると結構大きなパワーロスかも知れません。


そこで、こんなパーツを導入してみました。



「StrikeArms製 WE MP5 (Apache) GBB用 リコイルスプリング」

StrikeArmsさんオリジナルのWE MP5向け国内仕様リコイルスプリングです。
HFC134a/152aに最適化された2種類のレートが用意されていて、違いが一目で分かるようにノーマルが青ソフトが赤(?)に色分けされています
お値段も高いものではないので両方買ってみました。

以下Strike ArmsさんのHPからコピペ。

-----ここから------

・ノーマル
比較的厳しい作動環境でもある程度対応し、純正の持つ気持ちよさをスポイルしすぎないように再設計したスプリングレートです。ゲーム使用するなどの作動の確実さを優先する場合にもお使い下さい。具体的には、ボルトキャリア閉鎖時には純正よりもレートを下げてブローバックの初期作動を助けます。そしてブローバック後退時には作動の感触を損ないすぎない範囲でレートを下げて、正常作動をできる限り助けます。

・ソフト
かなり純正スプリングよりもレートが抑え目です。連射サイクルに影響が出ます。連射速度よりもコントロール性を重視したセッティング用です。152aガスをお使いの方や、寒冷地にお住まいの方など、ガス圧が標準よりも厳しいような要件向けのスプリングレートです。ガス室容量の少ないクルツ用ショートマガジンをメインに使いたい方にも向いています。

-----ここまで------



とりあえずノーマル(青)を組み込んでみます。

まず通常分解しリコイルスプリングをガイドごと取り出します。
3mmの六角レンチを左右にあてがい、片方を回せば簡単にスプリングを取り出すことができます。



せっかくなのでStrikeArms製の青(上)と赤(中)と純正リコイルスプリング(下)の比較。
長さは同じですが純正に比べてStrikeArms製のものは線が細いですね。



組み込んで元に戻せばあっという間に作業完了。
これだけ簡単だと、ソフト(赤)を組み込みたい時もすぐに変更できちゃいます。



スプリングレートが下がりコッキングハンドル操作が劇的に軽くなりました。
かといってボルトが後退位置で固着するようなこともなくジャキッと最後までしっかり前へ押し出してくれます。
試射してみたところ快調。ボルトストップもしっかりかかります。心なしかサイクルも上がっている様子!
たったこれだけの組み込みで効果覿面です。


けれどもやはりまだハンマーが固いです。
前回擦り合わせを行って多少改善してはいるものの、せっかくストロークは軽くなってもコックの際に必要以上に引っかかって抵抗になっている感じ。
こうなると次はハンマースプリングを交換したいなというところなんですが…



今回実はリコイルスプリングと一緒に「HFC134a/152aガス対応 ハンマースプリングVer.3.1」も購入していました(しかも青と赤両方)。
しかし、取り付けようとトリガーユニットを取り出してはみたものの結局組み込みできませんでした。
というのもどうやらMP5ではハンマーの機構自体が今までのWE製品のものと大きく変わっているようです。
ろくに分解図も見ないまま同じWE製品だからいけるだろうと見切り発車した自分が悪いです…

ということでStrike Armsさん、MP5対応のハンマースプリングの開発、宜しくお願い致します!


とりあえずリコイルスプリング交換だけでも作動性は大きく向上しました。
あとは命中精度と初速を安定化させればフィールドにも持っていけそうです。  

Posted by つきなみ at 01:24Comments(0)GUNMP5SD6

2015年03月29日

WE MP5SD GBB ストリッピングと擦り合わせ

こんにちは。つきなみです。

外装を色々いじったWE製MP5SD GBB、今回から内部の調整に着手します。
まずフィールドストリッピングのついでにメンテナンスと各部のすり合わせを行います。



まずは通常分解。
ストック基部のピンを抜くとレシーバー後方のカバーがストックごと外れリコイルスプリングとそのガイド、ボルトを取り出すことができます。
この光景はガスブロならでは。



次にトリガー前方のピンを抜くとロアレシーバーごとトリガーユニットを取り外すことができます。
ここまでが通常分解です。



ハンマーをみてドン引き。

まだ大して撃ってもいないのに見ての通りボルトと接触する部分がすでに擦れてボコボコになっています。
亜鉛製のパーツによせばいいのにわざわざ例のウェイテックペイントで塗装されているのでただでさえ表面はザラザラ。
これでは作動時に抵抗になる可能性が有ります。



200→400→1000→2000番の紙やすりで塗装を落とし、表面をピカピカにしました。
スチール製のエジェクターレバーも同様に処理。



ついでに亜鉛製ボルトもあたりの出ている部分をヤスリで磨きました。



グリスアップにはSuper Lube Multi-Purpose Greaseを用います。
シリコングリスなのでチャンバーなどのプラパーツやゴムパッキンへの腐食性がなく安心して使用できます。無色透明でサラサラとした手触り。
元々ボルトやレシーバー内部が大量のグリスでグリスでぐちょぐちょだったため、拭き取って適量散布します。



元に戻して試射。若干作動が良くなってサイクル上がった…かな?
チャージングハンドルを引いた感じは抵抗が少なくなり引っかかり感が緩和されたように思います。

ただ、ハンマーもボルトも亜鉛製なので柔らかく、使っているうちにまた磨きが必要になるかも。
根本的な解決にはならないのでスチール製のアフターパーツの発売が待たれます。
特にボルトはVFCのようなリアルな外観のものをRA-TECHあたりが出してくれると良いですね。  

Posted by つきなみ at 02:23Comments(0)GUNMP5SD6

2015年03月15日

WE MP5SD3 GBB

こんにちは。つきなみです。
ブログ放置も気づけば一年…。

最近あたらしい得物を導入したので、久々に記事を書いてみます。



MP5SDです。
ベースはWEのガスブロ。製品名は大人の事情で「Apache SD3」です。(3バーストVer.のロアなので本当はSD6)
2014年12月発売の同社MP5シリーズ最後発。購入店はORGA AIRSOFTさん。

VFCの後発ということで、ライブで稼働する3点バーストや実銃同様に空でシアーが落ちてストップのかかる機構が売りです。
フレームはスチールプレス製で、細部に刻印こそありませんが雰囲気も良いです。



カスタムはM4アンダーレールをホースクランプで括り付けるお馴染みの方法。
レールはD-Boys製の物からヒートシンクをペンチで引き剥がして取り付け、ホースクランプは「50-70」サイズが丁度でした。
ドライバーを使って締め上げるので1本だけでガッチガチに留めることができます。



あまり見ないやり方としてはホースクランプにELEMENT製のレプM600Cを直接噛ませています。
手ごろな短いレールがあれば本来レールを噛ませたいところですがこれはこれでしっかり固定できるのでアリです。
リモートスイッチをG&P製レプタンゴダウンQDショートグリップに輪ゴム留めして、全体を軽くウェザリングしました。



フレームが薄いのであまり重量は感じません。
SDは元々かなりフロントヘビーなんですがフォアグリップを付けると解消されます。
ホールドオープンさせたこの状態はガスブロならでは。
チャージングハンドルをガツンと叩いて初段を装填する動作も醍醐味です。



目玉のひとつの3バースト。GBBでこの機構、WE頑張ってくれました。
強烈なリコイルと共に「タタタンッ」ときっちり3発出てくるのは撃っていても気持ちが良いですね。
実銃同様に最終弾を撃ち終わった際「カチッ」とシアーが空で落ちて弾切れだなと分かる感覚もオープンボルト方式のM4やMP7とは違った魅力だと思います。



残念なのが付属の30連マガジン、亜鉛製のスリット有りです。
まだ大して出し入れもしていないのにもう塗装が剥げてきました。
さらにバナナマガジンといってもどーみてもこれは「反り過ぎ」です。
別売りでスチールプレス外装のスリット無しタイプがリリースされていますので上記2点は解消されていますが形状は同じくバナーナ…。



…と思ったらつい最近のWE公式FBアカウントの投稿でMP5用マガジンをイチから作り直している旨の発表がありました。
なんでもこのマガジンがあまりに不評で世界中のオーナーからクレームが集まっていたようです。
ということで、改善後のNEWバージョンが発売されるまではスペアマガジンを揃えるのを待たなければなりませんが
ユーザーの声を聞いて積極的に改善しようとする姿勢は好印象ですね。



総評としては作りもしっかりしていますしギミックも完璧で非常に優秀なプロダクトだと思います。
刻印こそないもののリアルな外装とクローズドストップ機構、更に3バースト機構まで再現されています。
もちろんガタついたり軋んだりするような箇所も一切なく安心してブンブン振り回せますし、
真冬は厳しいですが20℃もあればHFC-152aでも作動は快調。ゲームでも使えます。
現時点でガスブロMP5の決定版と言えるんじゃないでしょうか。

ネックとしては、まずお値段。現時点では最安値でも本体だいたい5万円、マガジン1本だいたい7千円といったところです。
レシーバー上部と右側の刻印がありません。ハンドガードカバーがゴムコーティングされておらずただのプラスチックな点もマイナスです。
それから前述のマガジン…とこれは改善の兆しがあるのでとりあえず次報を待てといったところです。
期待したいですね。  

Posted by つきなみ at 00:11Comments(0)GUNMP5SD6

2014年01月31日

G3KA4(L100A1)

G3KA4はG3A4の17.7"バレルを12.4"まで切り詰めたカービンモデルです。


官給品としての採用国については特にイギリスの軍や警察機関等に於いて多くの使用例が見られます。
Lナンバーも授けられており、G3KA4は「L100A1」と呼称されています。

【British Armed Police】





※最後の2丁はストックが変更されているのとセレクターがアンビになっているので厳密にはKA4じゃないかもしれません、が、格好良いので掲載(何


【Royal Marine Fleet Protection Group】




ロンドンオリンピックの哨戒時にも活躍したそうです。ところで何故自国の舟に銃を向けているんだろう…?


【British Forces SF】





一番下の画像、装備と銃のアクセサリー的にTFBの内のひとりなのかな?と思っているのですが、実際どうなんでしょうね…。



昨今、中東戦線における5.56mm弾使用銃の遠距離射撃時の射程及びマンストッピングパワーに対しての懸念から、7.62mm弾使用銃の必要性が再認識されているようです。

その理由のひとつとして、室内強襲などの戦闘行為の「前後」における岩山や荒野での「移動」が、実質作戦行動の大半を占める、という状況が挙げられます。
(もちろんすぐにヘリなどで撤収可能な場合を別として。)
砂漠や荒野などでの移動の最中に襲撃を受けた場合、地質的に戦闘のレンジが広く取られやすいため、
マークスマンライフルとして信頼を以て使用出来る7.62mm弾使用銃が必要であるということであろう、と私は認識しています。

実際、L100A1は切り詰められた銃身の短さなどからこの性質の事案に対してピッタリな銃です。
例えば上記SFの画像、PEQやM600Cが取り付けられていますので明らかにCQB前提でのセットアップなんですが、一方でオプティクスは倍率のある物が選択されています。
近接戦闘時にCQBWとして、遠距離射撃にはそのままSSRとしての運用をしようという意図が伺えますね。

これまでに流出しているUKSFの画像に於いては、L119A1に関しても同様にPEQやスカウトライト+ACOGスコープというセットアップがなされている事が多いです。
もちろん英軍に限った話でもなく、特に概ね05年前後以降から各国の一般・特殊部隊でも同じような目的・考え方に基づく同じような傾向が見られるようです。

【Black Magic M-66】



…ブラックマジックは良いとしてw

個人的な話ですが、だから05年周辺って好きなんですよねー。銃にしても装備にしても。
多湿で見通しの悪い熱帯雨林から乾燥した広大な荒野地帯に最前線が移ったことにより、迷彩から何から戦闘・行軍時の現地環境に適応していくその過程というか。
現在のように洗練される前の、現場の意見がフィードバックされた物が徐々に開発され取り入れられつつある混沌期というか。なんというか。
はい。私の意見はどーでも良いですね。

蛇足ですが、UKSFが使用する同弾使用銃に関して、これ以降の時代ではHK417のトライアル(と思われる)を行っている画像が複数流出したり、
あるいは英国報道機関により、UKSFが試験的にFN SCAR-Hの使用を開始した、と報道されたりということもありましたね。
これらの事柄からも、現場における7.62mm弾使用銃に対してのニーズの大きさが伺えると思います。


御託が長くなってしまってすみません。





で、作っちゃいましたっていうw
前回の記事から加工部の塗装→ウェザリングを施し、組み上げてこの度完成となりました。





以前記した通り、強度確保の観点からどうしても実銃サイズとはいきませんでしたが
それでも全長約820mm(新規追加したストックポジション時)と、M4カービンと同等レベルの取り回しの良さを得る事が出来ました。
剛性に関してはかなり気にかけて制作した結果、ゲームでの使用にも問題無いレベルの強度を確保する事が出来ました。

ガスチューブを切断したので、コッキングは従来通りフルストローク可能です。電動なので必要無いんですけれどもやっちゃいますよねw
フルサイズG3よりも銃全体として前方位置に来るコッキングハンドルにKA4っぽさがある気がします。
MC51と比較すると、ちょっとだけ長いんです。



今まで行って来た「ストックの切り詰め」や「PEQ-2のリモートスイッチ」等のカスタムは全て上記UKSFのミリフォトが元ネタになっています。
ただし、B&T製と思われるRASや、首元あるいはフロントサイトまで届く長いトップレールが入手困難ということで、完全再現は難しいというのが本音です…。

最も私は今回、UKSFの装備を再現するためではなくて、
■身体が小さい(165cm)ので取り回しの良い銃が欲しかった。
■なんか「普通じゃないっぽい銃(笑)」が欲しかった。
■UKSFのL100A1がカッチョ良く、良いタイミングでJGのG3 RASが安く手に入った。
などの動機からこの銃を制作しましたので、良いんです!ww



というわけで、途中色々あったものの、自慢の一丁になりました。
駆け足で行ってきた短い制作期間の間に、以前L119A1を制作したとき以上の手間をかけた気がするので、そういう意味でもとても愛着の持てる銃となりました。

で、どうしてそんなに「取り回し」に拘ったかというと、モチロン「ゲームがしたいから」なんです。
一方で、今やりたい装備の方向性的にHR参加はちょっと難しいのですが…。


サバゲーいきたいよおおおおお!!  

Posted by つきなみ at 22:28Comments(0)GUN

2014年01月30日

G3A4→G3KA4 Swi.2

こんばんは。つきなみです。
今日は前回の G3A4→G3KA4 Swi.1 の続きです。


引き続き、G3A4をG3KA4にするための加工を施していきます。



前回パテを盛ってから1日。しっかり硬化しました。金属棒を骨として用いたため、ガスチューブはガッチガチです。
まずは余分なパテをデザインナイフで取り除いて行きます。



大体大まかに削ぎ取ったら…



120番→400番→800番の紙ヤスリで表面の凹凸を整えます。

これでバレルの加工は終了です。



さてここからはRASを加工して行きます。
バレル同様切断面を出した後にぶった切るんですが、ウチには旋盤なんて(ry なので金ノコd(ryry



ギコギコギコギコギコギコギコギコ…



切断出来ました(大汗
大まかにぶった切った後、何度か仮組しつつ、レシーバーに当たる場所を元々のRAS根元の形状を参考にして切り出しています。



切断面を整えつつエッジ出し。
切断する時よりも、この作業が地味に一番しんどかったっす…(汗



RASのネジ穴が狭い(というかネジの頭を収める為のスペースが無い、というか…文章で言うと難しいのですが)ので、
スペーサーを噛ませてレシーバーに固定します。ちなみにこのスペーサー、ミニ四駆のパーツですww



仮組状態。
ガタなくうまく組めました。


これで全ての加工が終了です。
最後に、加工部に上からマッドブラックを塗り、ウェザリングを施して馴染ませて、組み上げれば終わりです。
これは、すみません、また次回に続きます。恐らく次回でG3記事シリーズは終われるかな?と思っています。  

Posted by つきなみ at 23:30Comments(0)GUN

2014年01月29日

G3A4→G3KA4 Swi.1

こんばんは。つきなみです。

先日「残りの加工は追々…」と申しました我が家のG3A4ですが
結局ずっと眺めながら色々と計画を練っているうちに我慢が出来なくなり、休日というのもあって早くも手をかけてしまいましたw

実は始めから、これがやりたくてG3を購入しました。



今回はG3A4をG3KA4に加工します。

G3KA4はG3A4のカービンサイズバージョン。
あまり詳しくなかったので色々と調べてみたところ、A3やA4がバレル長17.7"なのに対し、KA4は12.4"だそうです。
元々長いG3ですが、KA4はM4カービンとほぼ同じ長さですね。

エアガンとして既製品はモデルアップされていない?はず?
海外ではCAから出ているものが流通しているという話も聞きますが国内ではまず見かけません。なので自作するしかないんですよね。
更に私の場合はストックを短縮しているので、完成すればM4CQB-Rくらいのサイズになりそうです。
最早G3とは思えない短さ。取り回しもかなり良くなるはずです。


というわけで、早速加工を始めます!
先に申しますが、エアガンをぶった切る大改修です!失敗したら色々なものが終了します。うまくいきますように…。



まずはフロントを切り詰めるに当たって、どこからどこまでを切るかを決めるんですが…

フルサイズとカービンのバレル長差は17.7"−12.4"で5.3"、約135mmです。
そこから先日切り詰めたバレルの分約60mm,を引いて、だいたい75mmほど切り詰めれば良いことになるんですが
G3の構造とそれに伴う強度確保の都合等、色々考えた結果、今回は60mm切り詰めることにします。

ちなみに!画像ではアウターバレルにも線を引いちゃってますが、この線に従って切り詰めるのはガスチューブのみです(当初線を引く位置を間違えましたww)。
ガスチューブは線と線の中間の位置を抜き出して接着する形、一方でアウターバレルは、中間で切断せず先端から切り詰めることで強度を確保します。



旋盤などという高価な設備は我が家に無いので金ノコでひたすらギコギコ…



切断が終わりました(汗
ガスチューブとアウターバレルが同じ長さの分だけ切り出されています。

画像にありませんが、このとき同時にインナーバレルも切り詰めています。



接着後のガスチューブにも強度を持たせるために、外径10mmの金属棒を切り出し、ビニールテープで径を調整しながらガスチューブの中にピッタリと挿入します。

…画像にもあるように、ガスチューブを切り詰めるとき、刃先がアウターバレル当たって少し傷をつけてしまいました…。
ま、強度に影響するほど深くないのと、RASで隠れてしまう箇所なので気にしません…。



瞬間接着剤で接着すると同時にパテを挟んで隙間を埋めます。
TAMIYAのエポキシパテは何にでも使えて最強です!





パテを馴染ませたら、完全に硬化するまでこのまま約1日置きます。



と、途中ハプニングもありつつw 駆け足で段取りをご紹介していますが、今日はここまで。
パテの硬化を待って、次回に続きます。  

Posted by つきなみ at 22:25Comments(2)GUN

2014年01月26日

G3A4 + AN/PEQ-2 REMOTE SWITCH & "PUCHI" CUSTOM

こんばんは。つきなみです。



前回汚し塗装を施したことで大分自分の好きな感じになって来たG3。
なかなかゲームに行けない腹いせに、今回は細かい箇所を色々とカスタムしてみました。



まずは配線。USMC放出品のAN/PEQ-2用リモートスイッチを取り寄せてみました。
この銃に乗せる物としては初めてかつ唯一の実物だったりします。

購入先は沖縄ミリカジさんから。(沖縄ミリカジさんのY!オクアカウントはこちら↓)




裏にはベルクロ付き。



ウェザリング後(実物を塗る事に何の抵抗感も無いという病気)、レプPEQ-2の後方に穴をあけて通しました。
ちょっと長くて余ってしまった配線は、レールの溝を両面テープを使って這わせ、グリッポの根元を一周させたのちTANのスナイパーテープで固定。
本当はモスグーリンの方が良いんですが今ちょうど切らしているので…(汗

セレクターのすぐ前、トリガーの上の大変アクセスし易い場所にスイッチを配置。ただし、押しても何も起こりませんw



ついでにもう一カ所プチカスタム。
ホームセンターで普通のロープを買ってきました。



コッキングレバーが引き易いよう、穴の空いた部分にロープを通します。
結び目をボンドで接着して、少し汚して終了。超お手軽カスタムです。
個人的にもこういうのガチャガチャやるの好きなんですが、レバーがプラ製品なので破損が怖くてあんまりできないという…。
そもそも電動なので、HOPを調整する時以外はコッキングの必要無いんですけれども。やっぱりやりたくなっちゃいますよね。雰囲気です。



コッキングレバーのロープは殆どただの飾りなのでともかくとして、配線が通ったことで銃全体が締まった気がします。
最もPEQはバッテリーケースとして使っていますから、スイッチがあった所でゲーム中何のアドバンテージも無いというのが泣き所です。

ですが、こういう細かいカスタムを施す毎に自分の銃に愛着が湧いて来るんですよね。
段々、職人仕様っぽくなって来ました。良い感じです。

-----------------

と、最近記事を連投しまくりながら駆け足でカスタムして来たG3ですが、だいぶ理想の形になってきました。
実はもう一カ所、大規模に手を加えたい場所がありまして…でも、それはまた追々。
どこかに金属切断グラインダー貸してくれる工作室ないかなー。  

Posted by つきなみ at 19:53Comments(3)GUN

2014年01月25日

G3A4 BATTLE PROOFED PAINTING

こんばんは。つきなみです。

今回は、大好きな塗装のお時間です!!



屋外での作業になります。今回使用する塗料は、いつもの東急ハンズHSクリエイティブライフスプレー。

アサヒペン スプレー 300ml カーキー

アサヒペン スプレー 300ml カーキー
価格:750円(税込、送料別)



安くて良い色。今回はライトカーキと、カーキをチョイス。



全体にライトカーキを吹き付け、その上から局所的にカーキを重ねて濃淡を出します。
今回は「塗装」というより「汚し塗装」なので、遠巻きからかなり薄めに吹いています。





マガジンやアクセサリーも同じように塗装します。
今回はAN/PEQ-2のみ塗装方法を変えベタ塗りしてみました。
ライトとレーザーの射出口のマスキングは、忘れずに。



塗り終わりました。
ここからいよいよ塗装を剥がして行きます。



まずはおおまかな所から優先的に剥がします。
ラッカー薄め液を布(私はガーゼを使用)などに染み込ませて、「ポンポンと叩くように」剥がして行きます。



この時の叩く回数で剥がれ方が変わって来るんですが、良く触れる場所や当たる場所は下地の黒がハッキリ出るまで落とします。
逆に「完全に剥がれている訳ではないけれど薄くなっている場所」や「ムラ」を再現したい時は、薄め液の量も少なく、叩くのも数回に留めておきます。

こうすることで、布の届かないパーツの窪みや隙間などに塗料が残り、砂埃や汚れなどを表現する事が出来ます。
全体にコントラストも出て、銃のディティールがクッキリします。

注意点としては、この時に「擦って」しまうとそこだけ一気に剥がれて非常に変な感じになっちゃいます。あくまで「ポンポンと叩く」のがポイントです。



ひとつだけベタ塗りしたAN/PEQ-2は、同じ手法で少し塗装を落としたあと、スチールウール(金たわし)を使ってダメージを与えました。
全体を大まかにゴシゴシするイメージですが、良く物が当たるような場所は、重点的に。

マガジンなど、もっと傷だらけにしちゃいたい方は、金属製なら銀色の素材が出るまで擦っても良いですし、その際は紙ヤスリを使用しても良いかもしれません。
プラパーツなら銀色のペンを角っこにちょちょっとつける、なんて方法もあります。プラモデルのウェザリングと基本は一緒です。


まぁ、わざわざこんなことをしなくてもゲームで使用して行くうちに勝手に剥がれたり傷がついて行くので、ある程度に留め、あとは経年変化を楽しみましょう!
「ちょっとやり足りないかな?」くらいのところで終わらせて、バラバラにしたパーツを組み直せば終了です。



やべぇ…やべぇよ…かっちょええよ…。









うーん、汚い。

というわけで、塗装が終了しました!
雰囲気がガラリと変わって、幾多の戦場をくぐり抜けて来たような(まだ一度もフィールドに連れて行った事もないのにwww)感じになりました。
ま、まずい…よだれが…。

最近G3についの記事ばっかりでしたが、すみません、もうちょっとだけ続きます。  

Posted by つきなみ at 20:02Comments(0)GUN

2014年01月24日

G3A4 REDUCTION

リトラクタブルストックを取り付け、各種アクセサリーを乗せた我が家のG3A4。
実銃も「物干竿」と揶揄されるG3ですが、なんてったって長い銃です…。
RASに色々取り付けたせいで現在スーパーフロントヘビーでもあり、これを半日フィールドで振り回すのはちょっとシンドそうだな、と…。

というわけで、今回はG3の全長を短くする改修を行ってみたいと思います。



今回使用するパーツはこちら。KM企画製の「サイレンサーアタッチメント」です。



細かい所ですが、ハイダー根元のこの「輪っか」が実銃同様別パーツで再現されているのが良いですね。
でも、これって実銃も銀色なんでしょうか?ま、気になるようなら後々塗ってしまえばOKです。



インナーバレルを若干切り詰め、アダプターを取り付けました。ぴったりです。
あとはハイダーを装着するだけなんですが…

ここで問題が。実はこのアタッチメント「正ネジ仕様」なんです。で、正ネジ仕様のG3ハイダーを探しましたが、無いんですよね…。
唯一、KM企画がこのアタッチメントとセットで販売した正ネジスチールハイダーがありますが、市場からはとっくに消えメーカー在庫も無く、今では入手困難…。
更に調べてみると以前GUARDERが発売した同形状のアタッチメントには正ネジの他に逆ネジ仕様も存在したようですが、こちらも今は手に入りません…。

詰んだ…かな。



最終手段として、ネジ山を削り無理矢理繋いで瞬間接着剤で固定しちゃいました。
どーせ戻さないから良いかな、と…。
前回ハイダースチール「風」に塗装したのも、このためだったりします。

かなり強引な取り付けですが、イメージ通りに短くなって気に入ってます。
バレルをどこかにぶつける心配も軽減されました。


でもまだちょっと長いので…。



更に短くする為に、リトラクタブルストックのポジションを追加しちゃいます。
元々あるポジションを参考に、金属ノコギリと棒ヤスリでゴリゴリと切れ込みを入れて行くだけです。



超イビツですが…
細かい所は後々気が向いた時にヤスリですこしづつ整えるとして…



取り付けてみるとカチッとしっかりハマってくれました!スーパーやっつけ仕事の割に上手く行って自分でもちょっと驚き!!w
伸展時と収縮時のちょうど半分の位置にポジションを追加しました。



短くなって、取り回しが随分楽になりました。これならCQBもなんとか行けそうです!
フロントヘビーであることに変わりはありませんが、ポジション追加したことで銃の重心が身体に近くなり、扱い易くもなりました。

とりあえず…ゲームに持って行ける状態にはなりました。


さて、今の状態だとひとつだけ汚い552が浮いちゃってますね。
それもまた良いんですが、次回では、いよいよ大好きな汚し塗装を施したいと思います!  

Posted by つきなみ at 22:01Comments(4)GUN

2014年01月22日

G3A4 FLASH HIDER - STEEL REPAINTING

こんばんは。つきなみです。

前回「次回はG3を短縮化する改修を…」という予告をしましたが、
前々からちょっと気になっている箇所があるので、頼んでいるパーツがやってくるまでの間、先に手をかけてしまいます。



JGのG3、主観ではお値段の割に表面の塗装に関しても割と良い方だと思います。ただとても残念な箇所が。
ハイダーの質感がう○こなんです。

このハイダー、実銃はもちろんスチール製ハイダーですから鈍い銀色なんですよね。
対してこれはボテッとした黒い塗料に浸したみたいな感じ。厚ぼったくて、重たらしい印象です。
遠巻きに見れば殆ど気になりませんが、なんか…うん、なんかカコワルイなー。

当初、さっさと交換しようと考えていたものの、調べてみるとG3用のスチールハイダーって今どこにも売ってないんですよね…。
参ったなぁ…。



こういうの、一度気にするともうずっと気になってしまって仕方が無いので、もういっそ塗っちゃいます。





塗装には、以前から装備や銃のウェザリングに愛用している「HSクリエイティブライフスプレー」を使用します。
安くて大容量。色も豊富で発色良し。そんでもって塗膜も比較的強いです。
以前から自分の殆ど全ての銃や装備のウェザリングをこのスプレーで行っているほどお気に入りのシリーズです。

今回は「マッドブラック」と「スチールグレー」を使って作業します。



ってもう一気に塗っちゃった後です、すみません。
作業時間が仕事から帰ってのみのため、この季節もうとっくに暗い(そして極寒でもある)屋外で私のヘボカメラではうまく写真が撮れませんでした…。

塗り方としては、遠巻きからスチールシルバーを軽ーく吹き付けた後、さらに遠巻きからマッドブラックを薄ーーーく吹き付けるだけです。
夜なので結構カンでやったんですが、大方イメージ通り!求めていた色とほぼ同じに塗れました!!
マクロでは流石に「塗装」っぽい感じですけれども…



組み込んでみると…そうです!これです!!
この鈍い色が欲しかったんですよー、個人的には大成功だと思います!

後々汚し塗装を施すつもりなのでその時に潰れちゃうかもしれませんが、自己満足度高いです。
逆に汚した方が更に良い感じになるかも。
ただそれ以前に、何せ長い銃なので、ハイダーなんかはこうやってせっかく塗ってもゲーム中どこかにぶつけて剥げてしまう恐れが…。



ということで、次回(こそ)はG3を短縮化!…したいな!!

----------------



本当はこの真っ黒のイジェクションポートカバーも同じ色に塗装したかったのですが、
お恥ずかしながらアッパーレシーバーをバラしてポートカバーを取り出す方法がどうしても分からず…。
ホップ調整の際に擦れて剥げてしまって、かえって変になっちゃいそう、というのもあって、現状放置しています…(汗  

Posted by つきなみ at 22:00Comments(0)GUN